上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
coolpix5700.jpg

初代デジカメに引き続き、気に入って使っていたOptio330だったのだが(オートフォーカスが少々合いにくいという不満はあったが)、瀬戸内方面に旅行に出かけた際、姫路駅のホームで落としてしまった。幸い、遺失物として届けられていたために手元に帰ってきたのだが、その際の衝撃のせいか、レンズが時々引っ込まなくなるというトラブルが出るようになった。

まあ、それでも使えないわけじゃないしと思ってしばらくそのまま使っていたのだが、ある日電気店で見かけたカメラが突然気に入ってしまい、一週間ほど悩んだ末に買ってしまうことになった。これが3代目のデジカメとなった、ニコンのCoolpix5700なのである。2代目のOptio330を買ってから、ほぼ2年後(2003年11月)だった。初代機も2年間使っているので、まあそんなサイクルかなとも思った。

この当時の、レンズ一体型デジカメとしてはとにかくハイエンドになる機種で、8倍ズームのレンズには、高級なEDレンズが使われている。カタログにも、「デジタル一眼並みのレスポンス」などと無茶なことが麗々しく謳われていた。すでに、初代のEOS Kiss Digittalが登場していて、一般の人でもデジタル一眼を買えるようになりつつはあったが、この時点ではまだまだ普及はしていなかった。今見ると、一眼に比べれば随分小さいのだが、その時はものすごく立派なカメラを買った気分で、当分これを使うだろうなと思ったものである。実際、当時のKissDigitalなんかと比べると、はるかに造りは良かった。

とりあえず、色々撮ってみると、これがまあそれまでのデジカメとは全く次元の違う写りで、まさに目からウロコ。この時から、まちなみ街道に掲載した写真の撮り直しというのを始める事になった。これを買ったことで、それまでさして興味のなかったカメラに、たちまちに凝るようになって行く。ワイコンなどを買ってきて、広角撮影の便利さにも気づくことになった。
それから間もなく、同じニコンから大ヒット機、D70が発売される。KissDigitalをたちまち追い抜いてデジタル一眼のベストセラーとなるこの機種を、やがて僕は買うことになる。結局、5700がメイン機だったのは、1年ほどの間だけということになった。




買って間もなく、試し撮りをした写真。それまでのデジカメと違って、ちゃんと「写真」になっているのに驚いた。
5700-1.jpg

5700-2.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://machinamikiko.blog50.fc2.com/tb.php/82-91b56a1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。